MENU
なおぷろの画像
なおぷろ
本ブログを閲覧いただきありがとうございます‼
本ブログ管理人のなおぷろと申します。
イケてる男子を目指して、美容や除毛、ビジネスやライフ系など様々な記事を更新していきます(^▽^)/
何卒、よろしくお願いいたします。

【結論はNo】TOEIC750点は転職に有利になるのか

2020 5/07
【結論はNo】TOEIC750点は転職に有利になるのか

転職活動のためにTOEICで高得点を狙っている方はいませんか?

TOEIC高スコアを取得しているからと、転職に有利になると思っている方はいませんか?

もし該当する人は、今すぐに辞めましょう

なぜなら、転職においてTOEICは有利にはならないからです。

決してTOEICが無駄と言っている意味ではありません。

TOEICを転職活動で内定を勝ち取るためにやるには無駄だと思っているだけです。

私自身、TOEICで750点を取得しましたが、転職活動で何の評価にもなりませんでした
(TOEIC750点が高スコアに入るか否かはスルーしてください)

大学時の就職活動時は高評価だったのですが、転職ではTOEICのスコアは役に立ちませんでした。

目次

TOEICは転職に有利になるのか?

繰り返しになりますが、有利になることはないと思います

私自身が転職活動で評価されませんでした。

当然、私が取得したTOEICスコアは745点だったので、900点以上を取得している方はある程度の目に止まるポイントになるのかもしれません。

それでも、TOEICのスコア自体は転職に有利になるポイントとは思えません。

なぜTOEICは転職に有利にならないのか

私自身、学生時代にTOEICで745点を取得しておりました。

大学3年の就職活動時は、これが結構面接官にウケたんです。

「努力されたんですね!」

「英語が使えるんですね!」

でも転職活動ではTOEICが評価されることはありませんでした。

それはなぜかというと、就職活動と転職活動では求められるスキルが異なるからです。

就職活動では、ポテンシャルや人間性を強く見られます。

そのため、TOEICの高スコアを取得していると、「この子は努力ができる子」と思われ高評価につながります。

しかしながら、転職活動では全く異なります。

転職活動では、ポテンシャルより即戦力として活躍できるかが多くの会社で求められます。

それゆえ、TOEICで高スコアを取得するよりも、英語が喋れて書けて聞き取れることが重要なのです。

また、英語を全く使わない会社にとっては、評価の対象に全く入らないことさえもあります。

英語スキルの証明に、面接中に突然英語で質問を問いかけられることがありました。

当然スピーキングスキルを磨いてなかった私は、ほぼ英語をしゃべることができませんでした。

英語の能力を測るには、実際に喋らせるのが適切ですからね。

転職先の企業で英語が必要な場合はどうする

もし転職先の企業で英語力が必要になる場合は、TOEICで高スコアと取得することを目標にするより、会話力を鍛えることをおすすめします。

私はネイティブキャンプというオンライン英会話サービスで日々鍛錬中です!

1日のなかでの回数制限がない、定額無制限なのでおすすめです。

この記事を書いた人

本ブログを閲覧いただきありがとうございます‼
本ブログ管理人のなおぷろと申します。
イケてる男子を目指して、美容や除毛、ビジネスやライフ系など様々な記事を更新していきます(^▽^)/
何卒、よろしくお願いいたします。

目次
閉じる