Webエンジニアになるための転職サイト

コラム

未経験でWebエンジニアになるためには

どのサイトを使えば良いのか。。

と思っている人は多いと思います。

今回はオススメの転職サイトについて

ご紹介します。

まだ学習手順方法についての記事を読んでない方は

以下の記事を見てから

本記事を読んでみてください!!

では早速解説していきます。

Wantedly

サイトURLは以下となります。

https://www.wantedly.com/

Wantdlyは私も転職する前に活用していました。

ベンチャー企業が主に多いのですが

未経験で転職をする際にはWantedlyを使用するべきです。

その理由はこのサイトに登録している企業側からの目線に

なりますが以下となります。

  • 月額5万円の低コストで利用が可能
  • ダイレクトスカウトで直接候補者にアプローチできる

大手サイトに掲載をしてしまうとそれだけでコストも

高くなります。大企業であれば問題ないのですが

ベンチャー企業だと採用にもあまりコストを

かけたくないというのが本音なところだと思います。

本来であれば企業のホームページから応募した方が

採用コストがかからないので良いと思いますが

一から探すのは手間がかかります。。

なのでWantedlyを活用することで企業を探す時間を

大幅に削減することができます。

私の転職活動結果について

  • 応募した企業数は25社
  • SES企業5社
  • 自社開発企業10社
  • 受託開発企業10社

個人的には取りあえぜどこでも良いから働かしてくれ。

というのが本音でした。笑

とはいうもののSES企業で働くことは考えていなかったのですが

面接慣れをしたかったために最初で申し込みました。

結果は5社とも合格だったのですが最終的には

断りのご連絡をしました。(すみません!笑)

自社開発、受託開発は送ってみたものの連絡はほとんど返って

来ませんでした。これはしょうがないことですが

本当にWebエンジニアになれるのか?と少し思いました。

最終的には自社開発に2社、受託開発に3社内定を得ることが

できました。自分の場合は全てオンラインで解決できたため

約2ヶ月の転職活動で終了することができました。

最後に

ここまでみてくださりありがとうございました。

自分の場合は24歳の時に転職活動をしていたので

まだ年齢的には若いから伸び代がありそう。

と思っていだだけた側面も多いと思いますが

無事に転職活動を終了できてよかったです。