Webエンジニアに向いている人・適正

コラム

はじめに

現在Webエンジニアになるために学習中向けの記事に

なっております。

自分には向いてないのではないか、、

いくらやってもできるようにならない、、

こういった悩みを持つ人にとって

少しでも安心してもらえるような内容になっております。

私の考え

一番の悩みとしては

いくらやってもできるようにならない」という

悩みが大半なのではないでしょうか。

私も独学で学習していたときはこの悩みに当たった

ことがあり、今はWebエンジニアとして仕事をして

いるのですが、結論「いくらやってもできるようにはなりません

これはどういった意味で言っているのかというと私の中では

プログラミングはわからないことを調べる作業だと思っているからです。

ひとつのエラーを解決したら、別のエラーが出てきてという状態が

エンドレスに繰り返されていきます。(絶対そうだとは言い切れませんが)

できるようにならないという基準がどの程度なのかは人によって違いますが

現役の人でもわからないことはググったり公式ドキュメントを見てこう書けば

動きそう?という仮説を立てながら小さくプログラムを書いていくもの

だと私は思います。そういった経験が多ければ多いほど新しい言語を

使うことになっても習得スピードが格段に変わっていきます。

なのでいくらやってもできるようにならないという悩みは

あまり無くならない悩みだと思うので、考え方を変えて

調べればある程度はかけるぐらいのイメージでいいと思います。

向いていない人

ここからがこの記事の本題となります。

いきなり結論となりますが私の中で向いていないと

思う人は以下となります。

  • プログラミングが好きではない
  • IT業界のトレンドに興味がない

Webエンジニアでも自分のポジション次第だと思いますが

自社開発、受託開発の人でもコードを書きます。

業務時間中はプログラミングが好きではない人も

仕事としてコードを書くと思いますが

業務時間外(休日も含め)には全くやらない。

という人は多分向いていないのではないかと思います。

もちろん中には天才もいるので、業務の中である程度

理解をして、新しい言語やフレームワークでもすぐに

キャッチアップできる人はいると思います。

一般的にその域に達する人はごくわずかだと思うので

業務時間外にコードを書かないという人は

向いていないと思います。

自分も業務時間外にもコードを書いて

このコードを書いた時の挙動はどうなるのかなど

していますが、けして勉強だとは思っていません。

好きだから続けることができるのです。

IT業界のトレンドに興味がないという人については

Webエンジニアは主にプログラミングをする

作業が多いとは思いますが

Webアプリを作ること以外でも世の中のITのトレンドは

日々更新されていきます。

最近だと、、バルミューダのスマホが出たなど。

自分の領域だけでなく世の中の求めているものを

調べ続けて良いサービスが生まれると私は思います。

まあこれに関しては絶対というわけではなく

プログラミングが好きではないという理由の方が大事だと

私は思います。

最後に

本記事はいかがだったでしょうか?

少し強めな口調でしたが

中にはそんなことないよという人も

いると思います。

なので私の情報を鵜呑みにせず

色々な人の意見なども見てみてくださいね♪