html css 勉強本について

デザイン

はじめに

これからプログラミングを始めよう!

と思っている方はとても多いと思います。

調べてみると最初のステップはhtml、css

から始めようなどという記事を見て

始めてみようと思うものの何から手を

つければいいか分からないという人が

多いという人をたくさん見てきました。

今回はそのような人にとって

最初の本は何が良いかという点について

解説していきます。

オススメ本

私がオススメする本は以下となっています。

こちらの本の学習する手順は以下となっています。

  • Webデザインの基礎
  • デザインをする環境を作る
  • HTMLとCSSの基礎文法
  • デモサイト(3サイト)

まずはWebデザインの基礎を学びます。

いきなりデザインを学ぼうと思っても

どういった仕組みで表示をされ

どういったフローで作成するかなどは

分からないですよね。

こちらの本はいきなりコードを書く所から

始めるのではなくWebデザインの概念から

解説をしています。

その次にデザインをする環境を作る

ステップに進みます。

もしProgateなどで先に基礎学習をしている人は

オンラインでコードを書いていたと思いますが

実際にコードを書く際はテキストエディタを使用します。

こちらの書籍ではAtomというテキストエディタを

インストールしてコードを書いていくことになるのですが

私はAtomではなくVisual Studio Codeを使用することを

オススメします。

今一番使用されているテキストエディタはVisual Studio Code

ですし、Visual Studio Codeは拡張機能などの機能も高性能で

例えば文字のインデントをきれいに整えてくれるなどの

拡張機能もあります。この本で学習をする際はAtomでもいいと

思いますが、本格的に始める際はVisual Studio Codeも

検討してみてださいね。

HTML、CSSの基礎文法が終わったあとは

実際にデモサイトを3つ作るという流れです。

書籍の通りにコードを書くだけでおしゃれなサイトを作る

ことができます。この過程でレスポンシブデザインという

概念を学ぶことができます。

レスポンシブデザインとは使用しているデバイス(PC、スマホ)

が異なってもレイアウトが崩れず表示できることです。

PCとスマホでは画面表示できる幅が違うのでPCでみているときは

画像が横並び、スマホの時は画像を縦並びなどにしないと

レイアウトが崩れてしまうので、この本ではどういった

手順で実装することができるのかを学ぶことができます。

さいごに

ここまでみてくださりありがとうございます。

この本を学習するとある程度作れるもののイメージが

浮かんでくると思うので、あとは実際にあるサイトを模写して

分からない部分は都度ググるというステップで実力がつくと思います!