Ubuntu Rails Widowsで環境構築

Rails

経緯

DockerやCloud9での環境構築しかしてこなかったためUbuntuでも作りたいなと思い
この記事を書くことを決めました。

[開発環境]
  • Windows10 home
  • Ruby 2.5.1
  • Rails 5.2.1
  • PostgeSQL

WSLの有効とUbuntuのインストール

1. WindowsでLinux環境を利用するためにWSLを有効
設定>「Windowsの機能の有効化または無効化」を入力

Windows Subsystem for Linux に☑

2 Ubuntuのインストール
「Microsoft Store」を開いて「Ubuntu」を検索

インストールをし起動

sudo apt update
sudo apt upgrade -y

rbenvをインストール

rbenvを使うことでRubyの管理が簡単になるほか

複数のバージョンのRubyを自在に

切り替えることができます。

git clone https://github.com/rbenv/rbenv.git ~/.rbenv

次にrbenvコマンドを利用できるようにするため

パス設定と初期化処理を.bash_profileに追加します。

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bashrc
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bashrc

Ubuntuを終了して、再度立ち上げ以下のコマンドでバージョンが

表示されたらインストールできています。

rbenv -v

次にrbenvでのRubyのインストールを簡単にするプラグイン

ruby-buildをセットアップします。

git clone https://github.com/rbenv/ruby-build.git "$(rbenv root)"/plugins/ruby-build

最後にRubyのインストールのために必要なパッケージを

インストールしましょう。

sudo apt-get install autoconf bison build-essential libssl-dev libyaml-dev libreadline6-dev zlib1g-dev libncurses5-dev libffi-dev libgdbm6 libgdbm-dev libdb-dev

Rubyのインストール

今回のRubyのバージョンは2.5.1なので

以下のコマンドを入力します。

rbenv install 2.5.1
rbenv global 2.5.1
ruby -v
=>ruby 2.5.1とでればOK

Bundlerのインストール

gem install bundler

Railsのインストール

gem install rails -v 5.2.1
rails -v
=>Rails 5.2.1とでればOK

Node.jsのインストール

sudo curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_8.x | sudo -E bash -
sudo apt install nodejs

データベースのインストールとセットアップ

sudo sh -c 'echo "deb http://apt.postgresql.org/pub/repos/apt/ $(lsb_release -cs)-pgdg main" > /etc/apt/sources.list.d/pgdg.list
wget --quiet -0 - https://www.postgresql.org/media/keys/ACCC4CF8.asc | sudo apt-key add -
sudo apt-get update
sudo apt install postgresql

次にインストールの確認、Postgresqlを起動

開発環境用のユーザを作成します。

psql -v
sudo service postgresql start
sudo su postgres -c 'createuser -s ubuntuのログインユーザ名'
sudo apt install libpq-dev

以上です。ありがとうございました!