rails rspec 導入

Rails

経緯

Railsチュートリアルなどではminitestが使われいますが
実際の現場ではrspecを用いたテストを行っているため
今回はrailsにrspecを導入するまでの手順を乗せていこうと思います。

利用するテスト用ライブラリ

  • rspec
  • Capybara
  • FactoryBot

RSpecのインストールと初期準備

Gemfileに以下を追記

group :development, :test do
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console
  gem 'rspec-rails', '~>3.7'
end

次に以下のgenereteコマンドを実行します。

bin/rails g rspec:install
=>Running via Spring preloader in process 4359
      create  .rspec
      create  spec
      create  spec/spec_helper.rb
      create  spec/rails_helper.rb

最後にminitest用のtestディレクトリを削除します。

rm -r ./test

Capybaraの初期準備

spec/spec.helper.rbを以下のように編集します。

require 'capybara/rspec'

RSpec.configure do |config|
  config.before(:each, type: :system) do
    driven_by :selenium_chrome_headless
  end

FactoryBotのインストール

テストデータを作成支援してくれる

FactoryBotを導入します。

Gemfileに以下のように追記します。

group :development, :test do
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console
  gem 'factory_bot_rails', '~> 4.11'
end

導入手順は以上となります。

最後に

ここまでみてくださりありがとうございます!

他のプログラミング記事も時間があれば

みてくれると嬉しいです😃